中国輸入代行 エンバオ

接触情報
電話: +8613735604785
ファックス: SKYPID:live:13735604785
電子メール:
住所: 96-2-1、Honghua Community、Houzhai Street、Yiwu City
中国人気のトップヒット

(5.1日)メーデー/ゴールデンウィーク

中国側は5.1ー5.5日休みに、5日間休みに入ります。
詳細
ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークとは、4月末から5月初めにかけて、一年中で国民の祝日が一番多い大型連休。


中国側は5.1ー5.5日休みに入ります


ゴールデンウィークの語源・由来

ゴールデンウィークは、1951年(昭和26)、現在のゴールデンウィークにあたる期間に上映された映画「自由学校」が、正月やお盆興行よりヒットしたのを期に、多くの人に映画を見てもらおうと、当時、大映専務であった松山英夫氏が作った造黷ナ、和製英語である。(golden week)

ゴールデンウィークという言葉の由来は、ラジオで最も聴取率の高い時間帯「ゴールデンタイム」に習ったもので、当初は「黄金週間」と言われていたが、インパクトに欠けることから、ゴールデンウィークとなった。

また、ゴールデンウィークに続き、11月3日の文化の日を中心とした休暇や催し物の多い一週間を「シルバーウィーク」と命名したが、この言葉は定着せずに消えていった。

その他、ゴールデンウィークの語源には、4月末から5月初旬にかけ、ロッキー山脈の雪解け水で砂金が沢山取れたため、その時期は金鉱探しに人々が流れ、休日状態になってしまったことから、ゴールデンウィークと付けられたとする説。

東方見聞録の中で、日本を「黄金の国ジパング」と紹介したマルコ・ポーロが、日本に来日したのが5月初めであったことから、ゴールデンウィークと付けられたとする説などあるが、いずれも俗説である。